悲壮な過去は方角が悪いのか?【50代歯科治療】

現在の歯科治療あらすじ
※以下出てくる番号は歯のことです

2020年の1月位から右下の歯科治療開始
治療内容は
歯の再植移再植+インプラント
あちこち歯を移動させた結果
現在の歯の並びは奧から
875763
(歯科では移植後も本来の番号で呼ぶことが多い)

あまりにもごちゃごちゃしてる上に
4番(八重歯)・8番(親知らず)は抜歯済みで
本来は2本少ないはずなのに
8番の位置にはインプラントが
また7番を分割して移植してるため
見た目の本数が増えて
ないはずなのに見た目はあることになってしまった

そのため治療中も治療スタッフが
混乱してしまい支障をきたすので
見た目の番号で呼ぶことになった

今回『4番』と呼んでる歯は
もとの『6番』のこと
また、もともとこの位置にあった
『5番』は少し前に抜歯済みです

これまでの歯科治療は以下から読めます。覗いてみてね

「歯」の記事一覧です。

首の皮一枚繋がった

正月明け早々に職人(歯科医)のところに🚶‍♀️

再植治療中の歯が動かないように

固定していた仮歯を外す日だったのだ
(固定を除去する、というみたい)

右下は長いブリッジの仮歯が入っていて

それを固定に利用していた

ブリッジ全部を外すのではなくて

4番の前後を切り離して

4番の上だけを取って

歯茎に定着しているかを見るらしかった

4番の仮歯にはセメント(接着するもの)は

ほぼついてないはずだけど

万一、また仮歯に歯がくっついて取れてくる…

そんな事態になったらどうしよう😱

そう怯えていた…

切り離した4番の仮歯は

なんの苦もなく外れた🙌

4番を触りながら

歯茎の様子を確認する職人(歯科医)

職人<br>(歯科医)
職人
(歯科医)

……うん、付いてるね

付いてる(歯茎に歯が)㊗️‼️

ただ、歯茎は発展途上中

まだ痛みはありますorz

不遇な4番は方角?が悪いっぽい

右下の治療は長いブリッジ

長いブリッジを使い出したのは

前歯医者(なると)の頃

なると(歯科医)の話はこちらから

曲線で並んでるブリッジ

どうも4番には

力がかかりやすいらしい

つけ外しの時に痛みを感じる場所なのだ

最初に👆書いた通り

ろんの4番(八重歯)は抜歯済で欠損

ややこしや治療の過程で

見た目の本数が増えたので

ないはずの4番と8番が出現する

一層ややこしい事態になっている

ここで、4番と呼んでる歯は

もともと6番

そしてもともと4番の位置にあった5番は

先日、ご臨終している

なると(歯科医)のところで作った長いブリッジ

つけ外しの時に一身に負担に耐えていたのが

今は亡き5番なのだ

長きに負担に耐えていたため

臨終したのだろうかと

今更ながら悼む気持ちが湧く😭

その不遇な4番(本当は5番)の位置に

移動してきたのが6番

5番に変わって

負担に耐えることになった

故に割れたのかと思うと

大変、気の毒である

この4番の位置

方角でも悪いんじゃないか⁉️( ゚д゚)

『いや、今割れただろ』悲壮な4番の過去

職人(歯科医)のクリニックに通う前

ずいぶん長く通ってた別の歯医者さんが

なると(歯科医)

個性爆発型(アクが強いともいう)のなると(歯科医)

言ったことをしょっちゅう忘れるし

あったことをないという

あんまり毎回言うことが変わるので

自分がおかしいのかと思い

歯科治療の記録を取り始めたのは

なると(歯科医)のおかげ?である

ブリッジを入れる前

4番(本来5番)の治療中

なるとはこう呟いた

なると<br>(歯科医)
なると
(歯科医)

この歯(4番)はすごく薄いから

気をつけないと割れるわね

慎重に扱わないとダメだわ

その後、歯の状態が悪くなり

長いブリッジを使うことになったんだけど

保険外で作る長いブリッジは

それなりにお高い

そのため、なると(歯科医)でさえも

慎重になっていて

なると<br>(歯科医)
なると
(歯科医)

まずは仮付けで使いましょ

そんなふうに提案された

しかし、仮付けで過ごしてるうちに

右下の虫歯が増えちゃった🌀

慌てたのは、なると(歯科医)

虫歯で歯を削ると

最悪、お高いブリッジが付けられなくなっちゃう‼️

虫歯の補修もそこそこに

ブリッジを本付することになった

その本付する日に

悲劇は起こった

仮付けしてあるブリッジを

なると(歯科医)がはずそうとした時

パリッ

そう乾いた音がした

確かにした‼️‼️

絶対にした‼️‼️

しかし、なると(歯科医)はこう言った

なると<br>(歯科医)
なると
(歯科医)

…ここ、前からヒビが入っていたわ

ナニイッテルンジャ
ワレ‼️( ´Д`)y━
※タバコ吸いません

結局、この時も

なると<br>(歯科医)
なると
(歯科医)

ヒビは入ってたわ

その一点張り

治療中の歯はなると(歯科医)しか

目視できないから

そう主張されるとどうしようもない🌀

その後…

なると(歯科医)は割れた歯をそのままに

ブリッジを本付した_:(´ཀ`」 ∠):

当時はそこまで歯科治療に自主性がなくて

なると(歯科医)に強く言われると

そうなのかなぁと納得するしかなかった

この時の治療が問題なのかどうかは

正直よくわからない

4番(本来5番)の『ヒビ』が

どの程度だったのか

ろんにはわからないし

治療上、そういう場合もあるのかもしれない

ただ、この時

やっつけで終わらせた虫歯治療に関しては

もう少し、主張したほうがよかったかなと思うことがある

この虫歯が後日ブリッジの下で

広がりに広がって

今のややこしや治療につながっているわけなのだ

次なる関門

固定除去はなんとかクリアしたけど

次の関門は

柔らか粘土

以前、記事にしたことがある

柔らか粘土責めで歯が取れた話はこちらから

👆の前にも粘土責め恐怖はあった話はこちらから

歯にやたらくっつく粘土のようなもので

被せ物を作るための型取りをする

正確な型がないと

被せ物が作れないからね

この粘土に、4番は耐えられるのか…

非常に不安である:(;゙゚’ω゚’):

その不安をフジコ(歯科助手)に伝えたところ

フジコ<br>(歯科助手)
フジコ
(歯科助手)

不安ですよね

でも、先生(職人)が

秘策があるらしいんで

大丈夫だと思います‼️

( ゚д゚)ヒサク⁉️

次回、職人(歯科医)

ヒサク出してくるらしいっす(゚∀゚)ナニナニ♪

平和な世の中を望んでいます

ランキングに参加しています。よければクリックして下さいね❤️

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました